リーズナブルな薬を探すなら、個人輸入で

日本においては、医薬品とされるものは大きく分けて、医療機関の処方箋がなければ購入することができない医療用医薬品と、薬局やドラッグストアで買うことができる一般用医薬品の2つがあります。
そして、そのどちらの医薬品も、厚生労働省による厳しい検査を潜り抜け、製造販売承認が成されたものです。
この認可済みの医薬品は、疾患に対して有効な作用を持っていることはもちろん、重篤な副作用の恐れもないことが証明されているということになります。
だから、私たちは安心して医薬品を利用することができるのです。
しかし、例え承認が下りていて、医療機関で処方してもらえるとしても、保険が適用されるかどうかは別問題です。
基本的に、健康保険というものは、健康を脅かす病気や怪我などに対して適用されます。
よって、身体を健康に保つために必要ではないと思われるものには、保険は利かないのです。
例えば、美容整形やAGAと呼ばれる薄毛の治療など、外観のために行なう医療行為は、全額自己負担となります。
AGAの治療薬として最近人気を博しているのが、フィナステリド育毛薬と言われる服用薬です。
プロペシアや、そのジェネリック品であるフィンペシアがその代表です。
日本でも承認されており、医療機関で処方を受けることができる薬ですが、大変高価なのがネックとなります。
AGAの治療は、長期間に亘って続けることになるのが一般的です。
その上、薄毛になってきたと感じたら、なるべく早めに治療に入ることが重要になってきますので、人によっては若いうちから治療を始めることになるでしょう。
経済的に余裕があれば良いですが、なかなかそうはいかないものです。
同じ薬で治療するなら、コストパフォーマンスが良いに越したことはありません。
そこで選択肢に入れて考えて欲しいのが、個人輸入なのです。
個人輸入というと、ファッション系のアイテムを思い浮かべる方も多いと思いますが、実は医薬品の取り引きも頻繁に行なわれています。
日本で承認されていない医薬品でも、個人の責任において使用する分については、合法で輸入できるのです。
だたし、個人で一度に輸入できる量には制限がありますし、自分自身で使用することが前提となります。
友人であろうと家族であろうと、自分が個人輸入した医薬品を譲り渡したり、売ったりしてはいけないのです。
また、実物を見ることはできません。
したがって、快適な個人輸入を行なうためには、優良な代行業者を選ぶことが大切です。
中には偽物を送ってくる業者もいますので、注意してください。
優良な個人輸入代行サービスを行なう業者に、くすりエクスプレスがいます。
たくさんの医薬品を取り扱っている業者ですが、その全てがメーカーの純正品のみなので、安心して取り引きを進めることができます。
AGAの治療薬フィンペシアは、非常に優れた効果を持つ医薬品です。
薄毛に悩みつつも、経済的な理由で治療を諦めようとしていた方は、ぜひくすりエクスプレスのサイトを覗いてみてください。
継続がポイントとなるのがAGA治療薬ですから、低コストのフィンペシアは経済的な面と同時に薄毛の解消の意味でも、悩みの解消に大きく役立ってくれるはずです。