AGAかどうか見極めて適切な治療を

薄毛や抜け毛が気になりはじめた時、その解決策を探して最初に目に付くのが育毛剤とAGA治療薬だと思います。
これらにはどちらも薄毛や抜け毛を改善する効果が期待できますが、あなたの抜け毛の種類によってはまったく効果が得られないかもしれません。
まず、最近注目されているのが男性型脱毛症・AGAで、薄毛に悩んでいる方なら一度は目にした事があるでしょう。

このAGAの特徴は、額の生え際や頭頂部の毛髪がしだいに薄くなっていくというものです。
原因は男性ホルモンが5αリダクターゼと結合し、薄毛の原因となるジヒドロテストステロンになることで、毛髪の成長期が短くなり、髪が十分に成長する前に抜けていってしまう事にあります。

他にも様々な原因が複合的に組み合わさって薄毛が引き起こされると言われていますが、一般的な対処法としては、AGA治療薬であるプロペシアや、そのジェネリック医薬品であるフィンペシアによって5αリダクターゼの働きを抑える事が挙げられます。

しかし、フィンペシアはAGAにしか効果を発揮しないため、他の事が原因で薄毛になってしまっている場合、薬を飲んでもまったく薄毛が改善されないどころか、副作用が現れてしまったり肝臓に余計な負担をかけてしまうかもしれません。
他の抜け毛の種類としては、円形脱毛症、ひこう性脱毛症や脂漏性脱毛症、圧迫性脱毛症、抜毛症、薬剤による脱毛があります。
円形脱毛症は、ある日突然、円形や楕円形の脱毛が起こり、人によって大きさや数は変わってきます。

ストレスによって引き起こされるというイメージが一般的ですが、それはきっかけの一つに過ぎず根本的な原因は自己免疫疾患だと考えられているようです。
ひこう性脱毛症や脂漏性脱毛症は、フケや皮脂などによって毛穴が詰まり抜け毛を誘発しますが、その原因は生活習慣の乱れによってホルモンバランスが崩れ、皮脂の過剰分泌が起こるからだと言われています。

AGAと併発している場合も多いようです。
圧迫性脱毛症はその名のとおり、帽子やヘルメット、バンダナなどで長時間頭皮を圧迫し続けると、毛包が萎縮され抜け毛が引き起こされます。
抜毛症は心因性のもので自分で毛を抜いてしまうことです。
薬剤による脱毛は抗がん剤などによって成長期脱毛が起こり、薬剤の使用を停止する事で改善します。

他にも、正しいヘアケアがされていなかったり、知らずに肌に合わないシャンプーやトリートメント剤などを使っている場合にも、抜け毛が増えたり頭皮環境が悪くなる事もありますから、注意が必要ですね。
フィンペシアを使うかどうかを決める前に、他の原因による脱毛でないか自分の普段の生活を見直したりAGAチェックを受けてみるといいでしょう。

AGAチェックに必要な検査キットは、フィンペシアと同じように個人輸入で購入する事が出来ますし、病院で行う事もできます。
血液や毛髪などのDNA配列を解析することで、将来AGAになるリスクと治療が有効かどうか確認する事が出来ますから、気になる方はチェックしてみて下さい。
何が原因かはっきりさせることで、薄毛対策も効果的に行えるでしょう。