育毛剤で改善しないならフィンペシアを

髪が薄くなった時、真っ先に思いつくのが育毛剤の使用だと思います。
病院へ行かなくても自分で購入して使えますし、様々な商品が出ているので自分に合ったものがあるはずだと希望が持てて、しかもAGA治療ほど費用はかかりません。
何より、自分がAGAだと認めてしまうのが嫌だという方は、あえて育毛剤を使っているのではないでしょうか。
男性型脱毛症・AGAは遺伝的にハゲるというイメージがあって、自分がそうだと認めてしまうのは、将来絶対にハゲると認めてしまうようなものだと思っている方も多いかと思います。
ですが、実際には必ずハゲるというものではなく、あくまで薄毛になりやすい体質だというだけです。

AGAだからといって絶対にハゲるワケではありませんし、一生治療し続ける必要があるというワケでもありません。
確かに、フィンペシアのような治療薬は飲んでいる間だけ効果を発揮するタイプの薬です。
しかし、脱毛の症状が一生一定の強さで現れるとは限らないのです。
つまり、AGAの脱毛のメカニズムは、ある酵素が男性ホルモンと結びついて脱毛原因物質ジヒドロテストステロンになるのですが、男性ホルモンの分泌量には波があります。
その波が強く表れている間だけ抜け毛が増え始めるので、そのタイミングでフィンペシアを使って抜け毛を抑えれば、薄毛の進行を抑えられますし、一生薬を飲み続ける必要もないのです。
なので、育毛剤でも改善が見られない場合は、早めにAGAチェックを受けて治療が必要かどうか確認するといいでしょう。

これは医療機関で受ける事も出来ますし、個人輸入代行サイトで検査キットを購入する事も出来ます。
早めに治療を開始すれば改善効果も大きいと言われていますから、気になったらすぐに調べる事が大切です。
進行すると抜け毛が増え、毛がなくなった部分から発毛させるのはとても難しいと言われています。
とくにM字ハゲの場合、おでこと変わらないツルツルの頭皮が広がれば広がるほど、毛母細胞も弱まってしまうので発毛は難しくなるでしょう

とは言え、育毛剤で頑張ってきた人は、やはり病院で診てもらうのが恥ずかしいとか、時間がないという方も多いかと思います。
しかし、フィンペシアは病院で処方してもらうものではなく、検査キットと同じく個人輸入代行サイトなどで購入する事ができるから安心です。
購入の際に処方箋を提示する必要もなく、まるで通販のようにこっそり好きなものを好きな時に購入する事ができますから、病院へ行くのが嫌だという方でも気軽に治療する事ができるんですよ。

ただし、フィンペシアには脱毛を抑える効果しかありませんから、早くフサフサの髪を取り戻したいと考えるなら、発毛を促進するミノキシジルのジェネリックも利用するといいでしょう。

ミノキシジルは育毛剤にも使われていることがありますから、もし以前から使っている育毛剤にも同じ成分が含まれている場合は、どちらかに絞ったほうが良いかと思います。
濃度が高い方が効果も高くなりますが、肌に合う合わないもありますので慎重に選んで下さい。
上手に併用する事で、きっと満足のいく結果が得られるはずです。