男性型脱毛症を理解して適切な治療を

最近髪の毛が薄くなってきたとか、抜け毛が目立つようになってきたと悩んでいる方はいませんか。
それをただのストレスによる一時的なものだと思ってしまったり、加齢によるものだと諦めてしまっては後で後悔するかもしれません。
男性の薄毛や脱毛の原因の中には、男性型脱毛症という男性ホルモンの影響によるものが多いとされています。
それを男性型脱毛症・AGAといい、早めに気付いて適切な治療を行えば、その進行を止める事も不可能ではありませんし、中には劇的に改善して元通りのフサフサした頭髪を取り戻したという方もいるのです。
そのAGAの治療に効果を発揮する治療薬はプロペシアが有名でご存知の方も多いと思いますが、保険診療が行えないために高額な治療費がかかる事も有名です。
その問題を解決してくれるのがジェネリック医薬品のフィンペシアで、プロペシアの1/10程度の金額で薄毛対策が行えるとして、薄毛に悩む男性たちの希望になっています。
フィンペシアは画期的なAGA治療薬ですが、まずAGAがどのように脱毛を引き起こすのか知っておく事で、その効果を最大限に引き出す事ができるでしょう。
AGAによる脱毛は、毛根に存在する5αリダクターゼと男性ホルモンが結びつきジヒドロテストステロンという物質になります。
このジヒドロテストステロンはアンドロゲン受容体というものに結合する事で、毛根の活動を低下させて脱毛に導いたり、過剰な皮脂が分泌されて毛穴がふさがり髪の成長を妨げたりすることで、時間が経てば経つほど抜け毛は増え、髪は細くよわよわしくなっていくのです。
AGAを引き起こすのに大きな役割を果たしている5αリダクターゼは、遺伝によってその量や働きの強さが違うと言われており、フィンペシアの主成分であるフィナステリドは、この5αリダクターゼの働きを阻害する事で脱毛を防ぎます。
ですが、AGAの原因はジヒドロテストステロンによる脱毛だけでなく、さまざまな要因からなります。
とくに最近の若い方は食生活が偏りがちで、脂っこい食事や濃い味付け、大量の炭水化物を摂取しながら、髪の成長に必要なミネラルやビタミン類は足りていないという方が多いです。
その上、毛根の成長、修復に必要なホルモンの分泌がもっとも活発になるのは夜22時ごろから深夜2時ごろだとされ、頻繁に夜更かししているために毛根にダメージが蓄積している方も多いでしょう。
他にも、シャンプーや整髪料が肌に合っていなかったり、すすぎが十分でなかったり、洗いすぎで頭皮にダメージを与えてしまったりと様々な問題が考えられます。
放っておけば進行していくAGAは早めにフィンペシアなどで脱毛因子を抑えることが大事なのはもちろん、こういった他の抜け毛の原因を改善していく事が大切です。
フィンペシア自体には発毛効果はありませんし、遺伝的な問題を根本から解決する力はありません。
あくまで薬が効いている間、脱毛因子の生産を抑えるという効果しか持っていないのです。
ですから、薄毛を克服したいと思ったら、治療と同時に生活習慣を見直す事も忘れずに行うようにしましょう。